2016年11月24日

恵那市洞禅院晋山式円成

平成28年10月29日より30日にかけて、恵那市洞禅院様において曹洞宗岐阜県青年会会員、紀藤祐元師の晋山式(新住職就任式)が行われました。

当日は晴天に恵まれ、お稚児さん230名の大行列の後、紀藤祐元師が洞禅院の山門をくぐられました。

thumbnail_DSC_0234.jpg

洞禅院に入られた紀藤祐元師は、ご本尊様、ご開山様やこれまで洞禅院を守ってこられた歴代の住職様へのご挨拶をされ、須弥壇に登りご自分の気持ちを新たにされました。

thumbnail_DSC_0447.jpg

その後、首座法戦式が執り行われました。今回首座を務められたのは恵那市高安寺徒弟 各務泰裕師。随喜のご寺院様、檀信徒の皆様方に満たされた本堂の中、一歩も引くことなく堂々と法問を交わされました。

たくさんの方々に見守られる中、晋山式は無事圓成いたしました。紀藤祐元師のこれからますますのご活躍を祈念いたします。
posted by 曹岐青ブロック at 09:27| ブロックニュース

2016年11月11日

平成28年度岐阜県布教講習会並びに第3回曹洞宗岐阜県青年会理事会が開催されました

平成28年11月10日に美濃市みの観光ホテルにおいて、平成28年度岐阜県布教講習会が開催されました。
本年は、まず例年通り布教実演として、岐阜市大覚寺 山守隆弘師による法話「ごめんなさい そしてこれからは」が行われました。
師は懺悔(さんげ)について話され、自身といとこの男の子との交流を通じて、反省とはどのようなものか、なぜ自身を振り返るのかといった法話をされました。

DSC_1518.jpg

引き続き、株式会社バロー代表取締役社長兼会長 田代正美氏により講演「資生産業是仏法 〜ビジネスモデルとは〜」をいただきました。
田代氏がビジネスマンとして現代社会が何を求めているか、そして我々僧侶へ何を期待されているかといったお話をいただきました。
特に、氏がまだバロー社長へ就任される前、バロー独自の物流網の構築に尽力されたお話をもとに、将来の展望の画を描き、多くの人を巻き込みともに作り上げることの重要性を教えていただきました。また、自分自身で限界を設定しないことの大切さも語られました。目標を立てた場合においてもほとんどの場合その目標で止まってしまうため、どこに目標を立てるかによって結果そのものが変わってしまうと言われました。もちろんそこへ向かうための努力を怠ってはならないとも。

DSC_1526.jpg
最後に改めて、これから時代の流れとともに寺院、僧侶へ求められることが変わっていくが、だからこそ、それを間違えることなく受けとめられるようになって欲しいと述べられました。

DSC_0008.JPG

その後、同みの観光ホテルに於いて、第3回曹洞宗岐阜県青年会理事会が開催されました。
今回の議題では、青年僧侶の更なる研鑽のための他宗寺院への拝登の計画や、お釈迦様がお悟りを開かれた日に行う成道会の法要研修の計画について協議がされました。
また、40周年記念出版物「おくる」について、大変ありがたいことに重版の運びとなりましたが、今後どのように頒布していくかについての話し合いが行われました。

DSC_1532.jpg
posted by 曹岐青ブロック at 21:33| ブロックニュース

2016年11月09日

元重翁慰霊祭開催

平成28年11月9日付の中日新聞16ページ中濃欄と岐阜新聞22ページ中濃地域欄にて関市西日吉町千手院様にて関鍛冶の始祖とされる「元重」の慰霊祭が開催された記事が掲載されました。

元重祭り.jpg

S__24453122.jpg

千手院様は、元重ゆかりの弟子たちによって正応元年(1288年)に開創され、元重らの信仰していた千手観世音菩薩を本尊としている古刹です。毎年11月8日に元重保存会の方々により元重翁慰霊祭が執り行われていますが、今年の慰霊祭では近年新しく発見された元重銘の太刀が元重翁の位牌と千手院様蔵の刀並びに槍と共に須弥壇に祀られ、千手院住職橋本絢也師によって供養が行われました。
posted by 曹岐青ブロック at 17:36| ブロックニュース

2016年11月07日

関市千手院晋山結制法要

平成28年11月5日より6日にかけて関市西日吉町千手院様において、新命(新住職)橋本絢也師の千手院第17世晋山結制法要が厳修されました。
当日には最大の懸案であった天気も朝から快晴となり、多数のお稚児さん参拝の後、晋山式の会式と相成りました。

蜊・焔髯「譎句アア蠑十IMG_2338.JPG

晋山式にあたっては、千手院のご本尊様やご開山様へご挨拶のお拝をされました。その後、普段は飾られている須弥壇の上に絢也師が登り、永平寺の同輩らが掛ける問答が行われ、時に厳しく、時に優しく、また時には絢也師らしいユーモアにあふれた答えを述べられました。

蜊・焔髯「譎句アア蠑十IMG_2346.JPG

引き続きもう一つの山場である首座法戦式が執り行われました。
今晋山式の首座を務められたのは大垣市薬王寺徒 若山篤優師。随喜寺院や千手院檀信徒で満員となった本堂内において裂帛の気勢とともに法問を交し合いました。

蜊・焔髯「譎句アア蠑十IMG_2365.JPG

絢也師のこれからますますのご活躍を祈念いたします。
posted by 曹岐青ブロック at 20:58| ブロックニュース

2016年10月19日

曹洞宗岐阜県青年会会長宮本覚道師が表彰されました

この度、曹洞宗岐阜県青年会会長宮本覚道師が日頃の活動が評価され関市教育委員会より表彰されました。
覚道会長はパワーリフティングの選手として国内外で活躍をされており、今回その功績を認められ表彰の運びとなりました。

覚道さん表彰.jpg

師のますますのご活躍を祈念いたします。
posted by 曹岐青ブロック at 13:16| ブロックニュース

2016年10月15日

中日新聞に清安寺様の記事が掲載されました

平成28年10月13日付の中日新聞の東濃面に曹洞宗岐阜県青年会多岐地区会員であります土岐市清安寺様の記事が掲載されました。

img20161013_11500348.jpg

本記事は土岐市泉町の清安寺様で、昨年8月に同寺で発見された「土岐市巡礼集」の原本とされる版木についてです。この版木は江戸時代の一六九五(元禄八)年に、観音信仰で東濃地域の寺院を巡った歌を収めたもので、現在市教育委員会と地元郷土史家が解読を進めているとのこと。

三十三カ所巡りは観世音菩薩の化身である三十三のお姿を巡礼するもので、畿内の「西国三十三カ所巡礼」が成立してから全国に広まり、様々な巡礼カ所があります。今回の版木はその中の東濃三十三カ所の巡礼の様子を和歌にとしてしたためた物です。

現在、土岐市図書館にて展示公開されています。古くからある信仰と巡礼。その情景を感じた当時の人の想い。そして、古くから変わらずに佇むお寺の歴史を感じてみてはいかがでしょうか。
posted by 曹岐青ブロック at 13:02| ブロックニュース

2016年08月12日

『糧になる禅語』 発刊いたしました

曹洞宗岐阜県青年会所属の青年僧侶でありエッセイストでもある美濃市霊泉寺副住職 佐藤隆定師の著書『糧になる禅語』が8月上旬に出版されました。副題は「いまを充実させる生き方」。62の禅語を現代の目線から読み解いた深く面白いフォトエッセイです。禅語の世界観を全ページ写真で表現し、その上にエッセイを載せるという、見た目にも楽しい工夫が施された新しいテイストの書籍となっています。禅の入門書としても最適。

IMG_20160811_0001.jpg

 岐阜県関市、三洋堂書店せき東店での販売の様子。面陳列で一段すべて使用しており、大々的に20冊販売されていました。本書を扱っている店舗では5〜10冊を面陳列、平積みしている場合が多いようです。

DSC02822.JPG

 平積みされている書店では、下記のようなヒヨコを用いたポップが立てたれている場合があります。目印みたいなものです。吹き出しのなかに書かれた禅語「啐啄同時」は、本書でも用いられています。

DSC02824.JPG

本書のサンプルです。内容確認の参考にしていただければ幸いです。

IMG_20160811_0002.jpg

IMG_20160811_0004.jpg

全国書店、ネット書店にて定価:本体1300円+税で好評発売中です。是非お手に取っていただきたく思います。


posted by 曹岐青ブロック at 21:53| ブロックニュース

2016年07月27日

美濃地区「美濃子ども禅の集い」開催

平成28年7月24・25日、美濃市安毛の永昌院様において、法友会美濃地区が主催する「美濃こども禅の集い」を開催し、小学生30名が一泊二日で修行体験をしました。

temp.jpg

美濃こども禅の集いは、地元の方からスイカや、写仏のための和紙や色紙、ハサミを提供していただくなど、多くの方々の支援のもと、毎年行われています。

禅の集い4.jpg

坐禅や写仏などの修行体験はもちろん、夜には懺悔道場という真っ暗な中でこれまでの自分を振り返り、自分が行った小さな「わるいこと」を焼き払う儀式を行います。
厳しい修行体験だけではなく花火や肝試しも行い、みんなでお寺に宿泊。 ドキドキ、ワクワクの特別な体験になったのではないかと思います。

2016724禅の集い2.jpg

今後も子どもたちのために、継続して活動していきます。
posted by 曹岐青ブロック at 21:49| 地区活動報告

2016年07月26日

関地区「子ども禅の集い」開催

平成28年7月24日㈰、関市下有知の龍泰寺様において法友会関地区主催「子ども禅の集い」を開催し、小学生55名が青年僧と修行体験をしました。

P1090314.JPG

「The禅+サイエンスワークショップ」というテーマで、坐禅に親しみながら「お寺」を身近に感じてもらえるように企画しました。

坐禅修正.JPG

坐禅、法話、精進カレーライス、サイエンスワークショップ、スイカ割りを楽しんでもらい、夏休みの良い思い出にしてもらえたのではないかと思います。

P1090436.JPG

来年も開催しますので是非ご参加ください。

※個人情報保護のため写真を加工してあります
posted by 曹岐青ブロック at 15:32| ブロックニュース

2016年06月29日

平成28年度特派布教師巡回

平成28年6月21日より、本年度の特派布教師巡回布教が県内各地にて行われました。
本年度は青森県より善龍寺住職 清野暢邦老師をお迎えし

13438944_1036155069813829_2002827604321620005_n.jpg

6月21日 8教区慈雲寺様
6月22日 7教区源長寺様
6月23日 6教区宝林寺様
6月24日 4・5教区龍泰寺様
6月25日 2・3・9教区智勝院様
6月26日 1教区瑞巌寺様
の日程にてご法話をしていただきました。

4・5教区会場龍泰寺様にては特派布教師巡回布教に先立ち、平成28年度護持会集会が開催されました。
開会式にあたり、龍泰寺住職宮本洪純老師を導師として厳修し、その後護持会活動についての報告が行われました。

25505.jpg

護持会集会の終了の後、
引き続いて平成28年度特派布教師巡回布教が行われました。

25503.jpg

本年度は曹洞宗管長猊下告諭「同事」について、老師が青森県から進学のために上京し、勉学に励む生活の中で出会った同郷の人々。その方々との交流を通じで相手に気持ちを想うとはどのようなことなのだろうか、誰かのために自分には何ができるのだろうか、についてのご法話が行われました。

本年度、来年度以降、機会がございましたら是非法話を聞いていただきたいと思います。

posted by 曹岐青ブロック at 13:55| ブロックニュース